共用サーバーについて

共用サーバーは、複数のユーザーがサーバー資源(CPU・メモリ・容量・回線)を共有し合って使用します。共有しているので低価格が実現できます。サーバーの管理は業者が行うので手軽にできるのが特徴です。

ただし、1台のサーバーに数百人が共有している場合(業者、プランによって異なる)もあるので他のユーザーの影響を受けます。ヘビーユーザーが同居していると通信速度の低下や処理能力の低下などが起こる可能性がありますが、回避のしようがありません。運が必要になります。

共用サーバーを提供している業者は多いですね。サーバー性能の向上に伴って、容量も10GB単位で取得できるような業者も多くなりました。ぱっと見で比較できるように必要最小限の情報を載せて表にしてみました。プラン名がなかったものは、共用サーバーと表記しています。

表の順番には、特に意味はないので、詳しいことは業者のホームページで確認してください。値段ではわからない機能面やサポート面など各社さまざまなので・・・。

また、業者によってはキャンペーンを行っていたり、年一括払いなら割安になったりなど、ここにある情報が全てではありません。ぜひ、ご自分の目で確かめてみてください。よりよい選択の一助としていただければ幸いです。

共用サーバー比較

共用サーバーは、非常に多くの業者が参入しています。自分の用途にあったレンタルサーバーを選んでいただければと思います。
コンテンツ管理システムを使用したいなら、OSS簡易インストールが使える業者がいいですし。
一応知りたいと思われる項目をピックアップしました。共用サーバーを比較してみてください。

表示したい項目にチェックしてください。

初期費用 月額 キャンペーン 容量 マルチドメイン 転送量 メールアカウント バックボーン CGI データベース .htaccess OSS簡易インストール

ページトップへ